奇跡のBabyちゃん


My Baby
by baby_miracle
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

D病院

南区にあるD病院は、新しく設備も整ってて、先生もすごく感じがいい。

1/16は、先日受けた検査の結果を聞くだけで来院したのだけど、
先生の口からでた言葉は、またしても「たまたま」でした・・・。
次回、運良く妊娠することができても、死産が怖くてナーバスになっちゃうと私が言うと、
先生は次回妊娠したとき、こうしたらいいよ。ああしたらいいよ。と教えてくれました。

地上に天使を授かることができたなら、ここで生みたいな・・・と
思ったので「ここでお産をするとしたら分娩予約はいつ頃すればいいですか?」と
医師に聞いてみると、「4月に部長と私含めた3人の医師が退職するから・・・難しいよ・・」と
言われた。 Netで検索すると産婦人科医師は3名しかおらず、総入替え状態になるぽい。。
たぶん、どこかの病院に引き抜きされたか、もしくは部長が開業するため引き抜いたのかな・・・?と思ったのでそれ以上は突っ込まず「そうなんですか。」で話を終えました。

やっと、ここなら!と思える病院(医師)に出会えたのに・・・。 運悪いわ・・・。

小児科&産科医師が足らない現状を、どうにかしてよ! 麻生さん!
[PR]
by baby_miracle | 2009-01-17 00:28

あれから2週間

1/14は2週間目の検診日です。

自動受付期に診察券を入れ待合室に入ると周産期センターに指定されてるだけあって、
産婦人科は人であふれてました。
でも、、私の名前はすぐに呼ばれ診察室に案内されたのです。
たぶん、病院側の配慮で診察を早めてくれたのでしょう、、、だって、、、お腹の大きな妊婦が、、
たくさんいる中、、、、待ってるのは、、 まだ、、苦しいから、、、、、

扉を開け中に入ると、見覚えのある医師が座ってて小声で「お座り下さい」と指示された。

私は事前に疑問に思ってることや、これからのやるべきことを聞きたくメモしてあったので
その紙を手に医師に説明をあおると「たまたまこうなった」と言われる。
人間誰もが持ってる菌が、たまたま悪さをしたらしい。。 誰にでも偶発的に起こりえる事がたまたま私に起きたということ。。。

今更なにをしても優が戻ってくることは無いのは分かってる。でも優の死を無駄にしたくないから
これからの予防策を聞きたかったのに「たまたま」っていったい・・・なに・・・。 
幸運にも次、妊娠することが出来たら「たまたま」に怯えながら生活しろってこと? 怖い。。。

私が、しつこく質問し続けるので医師は「まぁ、次はないでしょう・・・」とボソボソ小声で言う。
見た目も話し方も、話してる内容全てが信用できなくなってきて「別の病院へ持って行くので
診断書かいて」と医師に言いました。 
納得できる医療信頼できる医者に出会える人は幸運だけど、殆どの人が医学知識もなく専門用語に阻まれて納得してるふりしてるんだろうな・・・。

1/16に別の病院予約してあるので、そこでも確認してみます。
1/22も病院の予約してあるし。。。 このほかにも2箇所の病院を受診しようと思ってる。
この際、悪い箇所は全てなくして、完全健康体になりたいん。。
なんか観光めぐりじゃなく病院めぐりの旅に出てる感じ。。。
[PR]
by baby_miracle | 2009-01-14 23:42

久々

久々にネットゲームした。
でも、すぐに疲れちゃう。。

私の親友のATさんも、妊娠6ヶ月で死産したことがあります。
でもね。。。。 信じられないことなんだけど、その子は
自分が妊娠してたことに全く気がついてなかったの。。
もともと生理不順で月経周期安定してなかったらしく、
まさか、自分が妊娠してると思っていないある日、
突然の腹痛で家の中をのた打ち回ってて、もう少しで
救急車を呼ぶところでトイレに行き、何度かイキムと
ボトンッて何かが便器に落ちた。。。。

で、、、、血の塊が落ちたと思って、そのまま流したらしい。。。。

優君ぐらいの大きさだったのなら、流れないと思うんだけどな。。。。

その後、その子は病院へ行き診察してもらった医者から
「間違いなく、妊娠してたね。おそらく6ヶ月たってたでしょう」と言われたらしい。

私はその子に「どのぐらいで、悲しみから立ち直れた?」と聞くと
「妊娠に気がついてなかったのもあって、落ち込んだのは1日だけだよ」と・・・

なんと、前向きというか・・・・ ポジティブ思考というか・・・・・ 羨ましいですわ・・・・
[PR]
by baby_miracle | 2009-01-13 01:49

ありがとう。

あの出来事以後、軽い不眠症になってしまいお薬のんでます。
これからのことも考え、睡眠導入剤は飲まないに越したことないので
昨夜は飲まずに布団へ入りました。

なかなか寝付けず、真っ暗な部屋で目をつむり優のことを色々考えてると
パチン パチンッとラップ現象?みたいな部屋がきしむ様な音が鳴り、
直感で優が来てくれてると感じた。

両手をお腹に当て「もし優くんなら、ママのお腹を蹴ってごらん」って心で願うと
お腹ではないのですが、膝の後ろがピクピクピクピクと20週で感じてた胎動みたいな
なんとも言えない力を感じました。
偶然かもしれないけど、優だと信じたいです。。

でも・・・・・。
私が、あまりに強く思ってるからお空に行けてないのかな?
泣いてばかりいるママを心配して来てくれたのかな?

でもね.... 優を感じることが出来てママ嬉しかったよ。
[PR]
by baby_miracle | 2009-01-11 00:13

何かしてたくて。。

最近、優の死は、お兄ちゃんがこれから生まれるであろう弟妹のため、
身をもって「ママ気をつけてあげてね」と言ってるような気がする。

優の死を無駄にしたくないので、自分なりに色々しらべてるし、
安城の病院以外で2箇所の産婦人科を受診した。
でも、「ここなら!」と思える信頼出来る医師と出会えず悶々としてます。。
[PR]
by baby_miracle | 2009-01-10 04:42

私に起きた出来事

はじめ、このサイト削除しようと思いましたが、優がこの世に居た証を
1つ消すような感じがするので、このままサイトは続けようと思います。
それと、これから妊娠し母になろうとしてる人が、私と同じ過ちをしないよう
参考にしてもらえれば、優も嬉しいと思います。






12/29から本当に軽い腹痛があった。サイトで調べると
[大きくなった子宮の筋肉が緊張したり、子宮を支える靭帯がひっぱっられるため。]
と書いてあるのを見て、「あー、誰でもなるんだー」ぐらいにしか思わず、
年末ということもあり、家の大掃除をしていた。重い箪笥を動かしたり、床を磨いたり・・・etc
30日の早朝、目が覚めてトイレに行こうとするが、ぎっくり腰のような感じで歩くことができず
這うようにトイレに向かう。
もう一度寝て起きた時には腰の痛みは和らいでいたが、定期的な腹痛があった。
お昼ごはんを友達と食べに行き、その後、別の友達の家で談話していたが、
定期的に襲ってくる痛みがだんだん強くなり、自宅に戻る。
トイレに行ったとき出血してることに気付き慌てて東海の総合病院に電話すると
「すぐに来てください」と言われ電話を切ってから約10分後に病院に到着する。
夜間専用窓口に看護婦が待機していて車椅子で産婦人科まで連れてってもらうが
内心、「大袈裟だなぁ~。生まれて初めて車椅子に乗った(w)後でみんなに教えてあげよっ」
なんて、馬鹿な母親だったんだろ・・。自分の置かれてる状況を全く把握してなかった。

私が始めて事の重大さが分かったのは「子宮口が6㎝開いてて胎胞も出掛かってる」と
先生がエコーを見ながら言った時です。
私は泣きながら「助けてください。助けてください。助けてください。」としか言えず
内診台から降り腹部のエコーを見るため別のベットに寝かされる。
そのエコーで優の心拍ははっきりしていて、リズムも何も異常がなかった。
先生の説明を聞くときも、絶対安静状態でベットに寝かされたまま説明を受けた。
そこで、「苦労して出来たわけじゃないし、この子は諦めて次回がんばったほうがいいよ」
と先生が言った瞬間、私の中で何かが壊れた。
「私は諦めることはできない!子宮口を縛る手段だってあるし何か方法があるはず、
それよりなにより私はこの子を生んであげたいんです!!」と泣きじゃくりながら訴えた。

医者にとっては珍しくないケースかもしれないけど、私には自分の命を掛けてでも
生みたい子というのが伝わったのか、それから先生の態度は変わり、存命させる
方向で、事を進めてくれた。

最初に行った病院では設備も整っておらず、名古屋なら第一日赤、三河ならA病院と言われたが、
12/30ということもあり第一日赤に受け入れてもらえずA病院でもはじめは
受け入れ拒否のような対応だったみたいで、電話を掛けてくれた先生がA病院の医師を
半分どなりつけてたことで私と赤ちゃんを受け入れてもらえることになった。
救急車で搬送まえ、救急車から受け入れ先に連絡を入れるのが規則らしく、
隊員が電話するがいっこうに電話に出てもらえる気配がない。。
見るに見かねて、同伴してくれた東海の医師が「私が先ほど電話して受け入れてもらえる
ことになってるから大丈夫です」と言ってくれたが、救急車の隊員は「これは規則ですから」
と、言い出発してくれない。。
ウテメリン(張り止め)をしながらの搬送だったので腹痛は無く、助けてもらえるという
安堵感があったから、救急車の中では妙に冷静でいられた。

何分かしてやっと出発し、ノンストップで約30~40分後にA病院へ着く。

A病院の医師はまだ若く、25ぐらいのインターンにしか見えなかった。
母体が感染していれば、奇跡が起こらない限り助からないと言われ
私の血液検査を即開始する。 エコーで見る赤ちゃんの心拍は正常。

血液検査の結果、医師から「母体感染してます。今生むしかありません」
今生むということは「赤ちゃんを殺す」を意味することは、素人の私でも分かる。
たとえNICUがあったとしても21週0日では助からない。

私は、「その感染してると言うのは白血球の数値だけ見て言ってるんでしょ?
もともと、私は白血球の数が異常に多いんだから、それだけで判断しないで!!!!」
その後、医師はモゴモゴ言ってたけど、あまりにも頼りなさそうで
キッと睨みながら「私この人やだ!!!!」と言ってしまった。。

部屋が空いてないと言われ、分娩室で寝かされたまましばらくすると
担当してくれる助産士が入ってきて、丁寧に説明してくれた。
私は不安で不安でしかたなく、少しでも安心したいと思い、助産士に
「私のようなケースで、赤ちゃんを助けたことありますか?」と尋ねると
すごく言いずらそうに「ううん・・。私ね・・。12年間病院にいるけど1例もない・・・ょ」と
言われたが「私が始めての1例目になるかもしれないし、奇跡を信じます」と言う。
助産士は、ずっと私の手を握っててくれた。
分娩室が足らないらしく、私は家族仮眠室のような薄暗くカーテンだけでしきられた
部屋へ移動することになった。

夫は岐阜に行ってて、緊急事態を伝えた後、すぐに引き返してくれたけど
遠距離の為、到着はPM11時頃になった。
夫の顔を見た時、申し訳ない気持ちがいっぱいで言葉にならず、ただただ泣けてきた。

ウテメリンから抗生剤に変更されたとき、私には説明がされず、
抗生剤を投与し続ければ、陣痛が治まると安易に考えていましたが、
外して少したったあと、また陣痛がはじまる。
お腹をさすりながら「赤ちゃんごめんね。赤ちゃん頑張れ。ごめんね。頑張れ」を
何度も何度も陣痛がくるたび言い続けた。
陣痛の間隔が3分になったとき分娩室に移動した。
先生に「普通に生まれてきてくれるなら、どんな痛みだって耐えれます。でも今私は
この子を殺そうとしてるんです。私が眠って記憶の無い間に取り上げてください。」と
訴えるが、そうゆうことはしてないと突っぱねられる。

絶対安静だった私は尿道にカテーテルをつけられてたせいか、陣痛のたび、
膀胱が破裂しそうな激痛も一緒に伴ってた。何分かしてバケツを引っくり返すような
破水をした。 不思議と破水したあと一時的に陣痛の痛みを全く感じなくなり、
少し冷静になった私は赤ちゃんは死んでしまうんだという現実を受け入れたくはないが
そうなることを理解した。

ずっと手を握っててくれた助産士に「今赤ちゃん痛みを感じてる?」
「赤ちゃんは羊水がなくなって苦しくないんですか?」と聞くと助産士は、
「お母さん、大丈夫よ。赤ちゃんは痛みも苦しみもまだないよ。お母さん、いっぱい泣いてあげようね。いっぱい泣いていいんだよ。」とすごく優しく言ってくれた。
その言葉で救われた。 本当に救われた。
そして私の気持ちも早く赤ちゃんを楽にしてあげようと思うようになった。。

その後、また陣痛がきたけど、生まれる直前まで陣痛の痛みはすごく軽かった。
生まれる前の直前、激しい陣痛があったとき医師が膣の中に何か金属のようなものを入れて
かき回してる感じがした。普通なら起き上がることなどできない痛みなんだろうけど
私は赤ちゃんを切り刻んで出そうとしてると思い、上半身起き上がって
「何してるの!!!!!!」と怒鳴ったけど、医師は私の顔をチラッと見ただけで
黙々と作業をしてる。 その直後、ニュルっとする感覚がしたので赤ちゃんが出てきたことは
分かった。 私は分娩台に寝たまま号泣し、ごめんね。ごめんね。ごめんねと何度も何度も
赤ちゃんに謝った。平成20年12月31日 AM7:17 375g 26.0cmの男の子でした。

名前が無いと可哀相だから名前考えようってことで、夫と二人で考え「優」とつけた。
この子にぴったりな名前だと思う。。 ママを苦しませないように軽いお産にしてくれた
とても、優しい子です。 

看護士が「赤ちゃん見ますか?」とたずねたので「抱っこさせてください」とお願いすると
普通の赤ちゃんが入る保育器の中にきれいになった愛しい我が子が入ってた。

優は小さい小さい赤ちゃんだけど、指には爪もあり、眉毛だって生えてて
小さい声を出しても不思議ではないと思えるほど、整ってた。
何度も何度もキスをした。。

ママね、優がお腹に来てくれた日から、本当に幸せだったよ。
毎日、毎日、優が成長した姿を想像して、あれもしてあげよう、これもしてあげよう
パパはきっと甘いだろうから、ママが叱る役目なんだろうなぁ・・・とか
いっぱい、想像してすごく幸福だったよ。
いつか、ママがお空に行ったとき、うんと甘えさせてあげるね。
いっぱい抱っこさせてね。。。 いっぱい、いっぱい一緒に居ようね。。

健康に生んであげれなくて、ごめんね。。。優。。

31日の午後から個室の空きができるまで、分娩室に居たけど、
産婦人科病棟だし、赤ちゃんの鳴き声や赤ちゃんの姿を目にしてしまう。
今の私には苦痛そのものだった。。 夫に頼み外泊許可を貰ってきてもらう。
翌日のPM4時までに帰ってくる約束で許可してもらえた。

実家に帰り、父親の仏壇に優のことを、「まだ幼い優は一人ぼっちだと寂しいはずだから
一緒に居てあげて。 いっぱい可愛がってあげて。 私の分もいっぱい可愛がって・・」
父親はきっと優のこと可愛がってくれるでしょう。 

次の日、優の棺に入れる物を色々買いにいく。まだ体がだるく腹痛もあったが、
親として、優にしてあげられるのは、お空に行く時、優が困らないよう
色んな物を持たせてあげたかったん。。

あれもなくちゃだめ、これがないと優が困る、いつのまにか棺に入りきらない量になっていたけど
買物は止むことがなかった。。

1/1は火葬場が休みのため、1/2に火葬することになった。朝一番に母を迎えに行き、
3人で火葬場へと向かいました。 入り口がわからず、夫が場所さがして数分後
“ここから入るんだよ”みたいな手招きをしたので私と母は中へと入ると、
焼き場の人が「お身内の方お二人、先にいらして待合室にいらっしゃいますよ」と
案内してくれるが、「ん?」と違和感を感じた。
だって、夫一人で入ってって、焼き場の人以外は私達だけなのに・・・・。
待合室に入ると、夫は一人でソファーに座ってた。
「誰か居たの?」と私が聞くと「いいや。俺だけだぞ」・・・って・・・。

たぶん、父親が優のことを迎えにきてくれたんだと私は今は思ってます。




今日、母が言ってたのは「たかちゃんの前だと先生は、あまり説明しなかったけど、
病室をでたところで、このままの状態だと子宮全摘出もしくは母子ともに死亡すると
言われたんだよ」と教えてくれた。

でも・・・。でも・・・・。 やっぱり納得いかない。
凹んだお腹に手を当てるたび、やるせない気持ちでいっぱいになる。
[PR]
by baby_miracle | 2009-01-05 22:10

回覧してる人へ

私の愛する息子は、この世で息をすることなく無くなりました。
いまにしては、何故あの時、何故もう少し、何故 なぜ なぜ・・・
後悔し続けています。

身内や友達、夫の掛けてくれる言葉は、今の私には重すぎて・・・

もちろん、私のことを思い、掛けてくれる言葉なのは分かっていても
受け入れることは出来ず私が言って欲しかった言葉を唯一言ってくれたのは、
他人の看護士でした。

これを見て不快に思われる方がいると思いますが許して下さい。ごめんなさい。。

たとえ産声をあげることができなくとも、息子をお空へ返さなくてはならない
母の気持ちを理解してください。
[PR]
by baby_miracle | 2009-01-03 01:21

優くん へ

ママね、ちゃんと神様にお手紙書いたから迷子になることなく
お空へ連れてってくれるよ。
優が寂しくてママに居て欲しいなら、ママを連れてっていいんだよ。

今日ね、パパが言ったんだけど「なんだか優がいるみたいだな」って。
それ聞いて、ママね少し笑うこと出来たよ。
だってね、アンパンマンのチョコやグミを優の分だって言って買ってたし、
家に帰ってきて、ママが知らない間に優のご飯とか飲み物がお供えしてあったの(w
世話好きなパパで優は幸せだよ。
パパの頭の中では優君は2歳ぐらいなんだろうね。パパが昨日買ってくれた
帽子や服は、どうみても2~3歳児物なんだよね。
ママからのプレゼントは新生児のお洋服や靴だから、あと少し大きくなれば着れるかな。

姿は見えなくても、今もこれから先も優はパパとママの大切な子供です。


                                        ママより 愛を込めて。
[PR]
by baby_miracle | 2009-01-03 01:13